子供にプログラミングを教える方法

子供の為の最高のプログラミング教育を見つけていきます

世界の銀行員から学ぶAI未来対策

f:id:teramethod:20141118172413j:plain

 

いよいよ日本も対応していかないといけないかもしれない。


www.businessinsider.jp

  

9000人を超える世界中の銀行員が、フィンテックやAIなどの新技術導入にともなう失職に対応するため、オックスフォード大学のオンライン講座を、この2年のうちに受講している。

 

重要なのは、「既に」受講していることです。

 

日本の銀行員はどうしているのでしょうか。

 

日本で記事になるようなことは見つけられませんでした。

 

もしかしたら「世界中の銀行員」の中に、すでに日本人が入っているかもしれません。

 

重要なのは、新しい技術が出てきた際に、どん欲に知識を吸収しようと努力することだと思います。

 

IT分野は、特に技術についての新陳代謝が激しいところだと思います。

 

いつの間にか流行ったと思ったら、数年後には聞かなくなるのは一つ二つではありません。

 

せっかく新しい技術を勉強しても、それが広まらないものは、いずれ廃れ、勉強したことを活かすことはできなくなります。簡単に言えば無駄な時間を過ごしたのです。

 

最前線を目指す人たちは、多少の無駄を覚悟のうえで新技術を勉強します。

 

では、なぜ無駄になるかもしれない知識を得ようとするのか。

 

無駄になる可能性を考えたとしても、得る知識が有益だった場合のメリットが大きいからだと思います。

 

簡単に言えば、得た知識が「当たり」なら、仕事で有利な立場になり、無駄だった時間を大きく回収できるような報酬を得ることができると分かっているのです。

 

もちろん、報酬だけでく、本当に失職してしまう恐怖から、その対策の為に学んでいる、ということもあると思います。

 

日本の考え方を如実に表しているな、という記事がありました。

courrier.jp

 

銀行員がまだまだ必要である、という姿勢を崩さない流れで、見ていてなんとなく悲しくなってきました。

 

世界中の銀行員が、今までとは全く異なる技術を学ぼうと努力している中、日本の経営者は「まだまだ安心だよ」と銀行員を温室で育てるような甘やかしに思えてなりません。

 

三井住友銀行の言っていることがあっている可能性もある為、決めるけることはできませんが、少なくとも新技術を得ようと努力することは怠らないよう、自分も頑張りたいと思います。

 

質が高い、無料のオンライン教育と言えばCouseraだと思います。

フィンテック

www.coursera.org

 ■ブロックチェーン

www.coursera.org

 

■AI

www.coursera.org

 

日本語だとCode Academyですね。

 

 

まとめ

これから出てくる新技術については、無駄になることを恐れず

どん欲に学んでいきましょう!